公益社団法人 日本顕微鏡学会・電子顕微鏡解析技術分科会では電子顕微鏡解析技術フォーラムを開催しています。

  電子顕微鏡解析技術分科会の主旨

   ASTARの実機見学および実演と夏のフォーラムのフォローアップ

日本顕微鏡学会・電子顕微鏡解析技術分科会では、機能性材料や電子デバイスの評価に関する身近な問題点を
ざっくばらんに話し合う場として《電子顕微鏡解析技術フォーラム》を開催しております。

今回のフォーラムでは、NIMSのご協力を賜り、先進構造材料研究棟の電子顕微鏡設備の見学を企画しました。
講演会会場のセミナー室と電子顕微鏡室とをLANで結び、プリセッション電子回折法(ASTAR)が搭載された
TEM
の実演も行います。ASTARTEMEBSDと話題になっていますが、なかなか実機を見ることも操作して
いるところも見ることができません。そこで、チュートリアル講演と合わせ、装置の実演を企画しました。

また、このフォーラムでの特長である“ざっくばらんトーク”では、前回(夏のフォーラム)のフォローアップとして、
前回のざっくばらんトークで、疑問、問題点への解決策、アドバイスを得た質問者の皆様から、その後の実践報告を
していただき、疑問、問題点への解決に向けて深堀りするとともに、更なる今後のご研究に役立つ議論をしたいと
思っております。

電子顕微鏡に携わる皆様、ふるってご参加ください!


1.
主 催:公益社団法人 日本顕微鏡学会・電子顕微鏡解析技術分科会
 協 賛:国立研究開発法人 物質・材料研究機構

2.
日 時:2019125日(金)13:00 17:30, 懇親会 18:0019:30(予定)
                        
 
場 所:物質・材料研究機構 千現地区 (つくば市千現1-2-1)

3.
プログラム
 
チュートリアル
   TEMを用いた結晶方位Mapの作成                                              鈴木 清一(TSL Japan
 
 
トピックス
    
EDS分析の実際                                                                         森田 正樹(日本電子

 
NIMS電子顕微鏡設備の見学とASTAR実演                                   NIMS
 
 
ざっくばらんトーク
    
EDS(EDX)に特化して行いました夏のフォーラムのざっくばらんトークで質問を出された皆様に、その後の
  実践報告をして頂きます。日本電子 森田様にもフォローの解説をいただくことも企画中です。
  また、その他にも試料作製・測定・解析など、皆様の日頃の問題点をじっくり議論します。

4.
参加費(懇親会費込み):
       
無料(2018年夏のフォーラム参加者,学生)
        1,000
円(日本顕微鏡学会個人会員&法人会員,協賛学会員)
        2,000
円(学会会員外)

5.
定 員:50

6.
申込み締切り:定員になりましたので、締め切りました。
 
 問い合わせ先:
  日鉄住金テクノロジー(株) 水尾 有里 mizuo-yuri@nsst.jp
   電話: 0439-80-3183 ファクシミリ:0439-80-2733


<
電子顕微鏡解析技術分科会責任者> 丸山秀夫(カネカテクノリサーチ)
<
実行委員長> 久芳 聡子(日本電子)
<
電子顕微鏡解析技術フォーラム実行委員> 石丸 雅大(コベルコ科研)、石本 竜二(トクヤマ)、
乾 光隆(セイコーエプソン)、木村 耕輔(東レリサーチセンター)、工藤 修一(東芝メモリ)、
志摩 会実佳(東芝ナノアナリシス)、白井 学(日立ハイテクノロジーズ)、高橋 知里(産総研)、
長澤 忠広(ライカマイクロシステムズ)、水尾 有里(日鉄住金テクノロジー)、宮澤 知孝(東京工業大学)、
武藤 俊介(名古屋大学)、村上 和歌子(リコー)、吉田 誠(旭化成)、和田 充弘(三井金属)

  今までの電子顕微鏡 解析技術フォーラム