公益社団法人 日本顕微鏡学会・電子顕微鏡解析技術分科会では電子顕微鏡解析技術フォーラムを開催しています。

  電子顕微鏡解析技術分科会の主旨

  2018年新春電子顕微鏡解析技術フォーラムについて

日本顕微鏡学会・電子顕微鏡解析技術分科会では、機能性材料や電子デバイスの評価に関する身近な問題点を
ざっくばらんに話し合う場として《電子顕微鏡解析技術フォーラム》を開催いたします。
今回のフォーラムは夏のフォローアップとして、テーマ「複合材料の解析―界面から何が分かるか―」と題し、
材料の高性能化、製品の軽量化の要となる複合材料、異種物質の接合・接着界面を取り上げ、材料開発と電子顕微鏡解析・
関連する評価手法、更には接合(接着)メカニズムの考察についてとことん議論します。
また、このフォーラムの特色である“ざっくばらんトーク”では、参加者の皆様が抱えている課題や疑問点を発表していただき、
今後のご研究に役立つ議論をいたします。
皆様の日頃のご研究成果などを発表していただく解析事例の紹介や課題の提案も募集します。
電子顕微鏡に携わる皆様、接合・接着界面の解析・評価にご興味のある方、ふるってご参加ください!


1.
主 催:公益社団法人 日本顕微鏡学会・電子顕微鏡解析技術分科会

2.
日 時:2018119日(金)10:30 17:25, 懇親会 17:3519:30(予定)
                       
 
場 所:新大阪丸ビル新館会議室 (大阪市東淀川区東中島1-18-27、新大阪駅東口徒歩5分)

3.
プログラム (プログラムの詳細はこちら
 
チュートリアル
   歯−接着材界面のナノレベル微細構造解析                                              峯 篤史(大阪大学大学院 歯学研究科)
 
 
トピックス
    
樹脂/金属一体成型品の接合界面における状態分析                       山本 麻矢(三井化学分析センター)

    
ナノレオロジー原子間力顕微鏡によるtandマッピング構築技術          植田 英順 (日本ゼオン)

    
エネルギーフィルターTEMを用いた感圧性接着剤のモルフォロジー解析
                                                                                                                小曽根 雄一(リンテック)
  チュートリアル、トピックス講演のアブストラクト

 
解析事例の紹介2件のご講演を予定しております。)

 
ざっくばらんトーク

4.
参加費(昼食代込み):
        2,000
円(日本顕微鏡学会個人・法人・協賛会員・学生)
        3,000円(会員外)
       
懇親会費:1,000

5.
定 員:60

6.
申込み締切り:2018112日(金) (定員になり次第締め切ります)
     
参加ご希望の方は、こちらの申込書に必要事項を記入し、E-mailFAX等で下記までお送り下さい。
 問い合わせ先および申込み先:
  日鉄住金テクノロジー(株) 水尾 有里 mizuo-yuri@nsst.jp
   電話: 080-4602-3976 ファクシミリ:0439-80-2733

7.
「解析事例の紹介」:公募は締め切りました。


<
電子顕微鏡解析技術分科会責任者> 長澤忠広(ライカマイクロシステムズ)
<
実行委員長> 石丸 雅大(コベルコ科研)
<
電子顕微鏡解析技術フォーラム実行委員> 乾光隆(セイコーエプソン)、大森典子(クアーズテック)、木村耕輔(東レリサーチセンター)、
工藤 修一(東芝)、久芳 聡子(日本電子) 、白井学(日立ハイテクノロジーズ)、高橋知里(愛知学院大学) 、白井学(日立ハイテクノロジーズ)、
丸山秀夫(カネカテクノリサーチ)、水尾有里(日鉄住金テクノロジー)、宮澤 知孝(東京工業大学) 、武藤 俊介(名古屋大学)、
和田 充弘(三井金属)

  今までの電子顕微鏡 解析技術フォーラム